ゲスト 21人 と メンバー0人 がオンラインです

BIU World Network BIU English BIU Español BIU Português BIU Français BIU 中文 / Chinese BIU 日本語 / Japanes BIU Русский BIU Arabic / العربية
  • 研究の手引き
    研究の手引き
  • 研究の手引き
    研究の手引き
  • 研究の手引き
    研究の手引き
  • 研究の手引き
    研究の手引き
A A A

Bircham International University

 

読解の仕方は?

 

書籍が手元にあります。
さあ、どのように始めましょうか?

書籍が届き、課題についての指示を受けました。
そしてあなたはデスクに向かっています。さて次は何をすべきでしょうか? さらに詳しい情報は...

 

1. “Text 1”にざっと目を通します。
自宅学習ではまず、“Text 1”としてリストアップされた書籍を、詳細に集中しすぎないようにして読んでいきます。内容について一般的な見解を把握し、このガイドで解説されているように、読解と理解のテクニックを適用します(例えば、中心となる考えをマークします)。理解しづらい概念がある場合は、そのまま読書を続けてください。疑問はおそらくその後のページで解決されるでしょう。

ヒント:予備的な読書&目標
最初に章の長さを確認し、タイトル、図表、太字などをチェックして、書籍の内容をおおまかに把握します。毎週の学習目標を立てるため、書籍の構成を見て読解にどれくらいの時間がかかるかを計算します。自宅学習における時間と目標は現実的な視点で設定することが重要です。達成不可能な目標があると、あなた自身が不満を抱えやる気をそがれることになります。


2.概念と目次
読書の際、気になるコンセプトや異なる概念の関係性についてメモを取り、あなたの個人的な見解とどのように比較・対比するかを考えます。暗記の代わりに、主要概念の索引を作りながら読書を終えてください。この文書記録は書籍の本題を要約もしくは概略するだけではなく、この主題とあなたの考えの相互作用を反映します。つまり書籍のポイントを翻訳するあなたの記録となるのです。書籍を読み進めてあなたの考えや見解を書き留めながら、私生活やプロフェッショナルとしての活動を向上するために、書籍の主題をあなたの実体験に当てはめてみてください。さらにその応用についても簡単に記録を残しましょう。

ヒント:あなたが知っていることと知らないことを区別してください。
これまでの学習で主題について既に知っていることと、読解によって新たに学んだことについてメモを取ってください。この訓練によって、新しく得た観念と既に構築された概念を関連付けることができます。明確な学習目標を維持することで記憶力と理解力が向上します。学習している章の前後の章も常に探究してください。読んでいる章の文脈についてより広い視野を身につけると、脳はより早く効率的に内容を同化します。疑問が残る場合は、読み続けてください。その先のページでそれらは必ず解決するはずです。


3.“Text 1”を分析的に読解します。
準備段階として書籍に一通り目を通した後は、難易度に応じて段落を分類し、それぞれを一段落ずつ読んでください。ある段落が分かりやすい場合は、余白に感嘆符“!”を記入してください。他と同じく理解はしたが若干難解だった場合は、“X”を書いてください。最後に、段落が複雑すぎて理解できない場合は、余白に疑問符“?”を書きます。ひとつの章のすべての段落を分類したら、次のようにして再度書籍を読んでいきます:まず、すべての “X”段落を読み、続いてすべての “?”段落を読みます。そうすると“?”の段落は以前読んだ時ほど難解で複雑ではないことに気付くはずです。むしろなぜ最初の読解でそれらを理解できなかったのか不思議に思うかもしれません。


4.“Text 1”についてレポートの下書きを作成します。
ステップ2で残したメモを利用して、書面で主題を発展させ、首尾一貫かつ整理された内容でそれらを解説します。メモに基づいてレポートを作成することが大切で、覚えにくい具体的な言及やデータ(数字、日付など)を手短に確認する場合を除いては、できるだけ書籍を開かないようにしましょう。

ヒント:一覧表を書きます。
考えや概念、数式を図表形式で整理するようにしてください。これによって課題で必要になる表紙の目次について、基本的な構造を描くことができます。


5.“Text 1”を再読します。
前回の読書でマークした部分に集中しながらText 1を再読します。レポートの下書きにある解説と、書籍で説明されている内容を対比してください。それぞれの違いを分析し、要点の理解を深めます。これで最終レポートを作成する準備が整いました。20~35ページという制限の中で、加える事項と省く事項を決めます。

ヒント:再読
すべてを再読して、関連する段落の余白にアスタリスク“*”を書いてください。新しい用語や語彙が出てくる段落に“V”と書いてください。単語は常に文脈で覚えるほうが容易です。本文の単語や一部に下線を引くのは、同化したり理解したりするためではなく、要約し暗記する準備をするためです。


6.“Text 1”について最終レポートを作成します。
それぞれの著者は執筆の際に異なる目標を持っているため、各書籍に違いが見られます。何が重要で何が二次的であるかを決めるのはあなたです。要約するだけで十分な書籍もあれば、より具体的な概念化を必要とするものもあります。非常に長くて情報満載の章を読んでも重要点はそれほど多くないことがある一方、明らかに単純な章を読むことが、個人的な見解や考えを大きく発展させる機会になることもあります。結論として重要なのは書籍にあるすべてのデータではなく、あなたが発展させたいと思う概念です。これこそ、レポートに明確に打ち出さなければならない事柄であり、Bircham International Universityが最も評価し、あなたの心に永遠に刻まれる主要概念なのです。

ヒント:学んだことを応用し、再確認してください。
学んだことについて意見し、実行して発展させてください。自宅で学習し読書する際、あなた独自の基準を設けることが大切です。これらの概念を統合し、寝る前に要約を再読してみましょう。セロトニンは就寝中に多量に産生・放出されるため、概念を吸収するのは就寝前が適しているのです。


7.“Text 2”やその他の書籍でこのプロセスを繰り返します。
次なる書籍やレポート作成でも、学術評価管理フォーム(Academic Evaluation Control - AE form)に従って自宅学習を進めてください。それぞれの書籍は次に読む書籍内容を補完しているため、記載された順番を変更することはできません。この順序に沿うことで、途中で生じるかもしれない疑問のほとんどを解決することができます。

あなたの自宅学習を的確にサポートします。いつでもお気軽にお問い合わせください。

 

 

出版されている書籍

 

効果的な自宅学習のためのヒント さらに詳しい情報は...

 

1.出版されている書籍の使用
Bircham International Universityのプログラムは、幅広い出版書籍の図書目録を有しています。BIUでは、学術プログラムを修了する十分な知識を得るために、独自に開発されたコース教材やオンライン資料ではなく、出版されている書籍を活用します。内容、プレゼンテーション、情報構造、ケーススタディ、自己評価、図表において、出版された書籍の方が他のどの教材よりも優れているとBIUは確信しています。指定書籍の著者の複雑な考えを学習し、要約することは容易ではありません。

2.指定書籍について
学術プログラムの教材は、期待する学習成果を引き出すために特別に選ばれた出版書籍です。学生は学術評価管理フォーム(Assignments Evaluation Form - AE Form)に明記された書籍の順序に沿って読書を行います。これらの書籍は、補完的にもしくは弁証的に指定されています。補完的な書籍はより深い知識を得るという目的を果たします。弁証的な書籍は学生が総合的、包括的な視点を得るために、研究分野に対する様々なアプローチを提示します。

3.書籍から学ぶ
書籍の情報はすべて一貫して整理されているのでしょうか?もちろんそんなことはありません!悪文家、まとまりのない著者、非効率な編集者もいます。さらに書籍の好みもあるでしょう。これらすべてを、あなたの基準を発展させるために活用しましょう!BIUの指定書籍はすべて、学生にとっての機能性、実用性、有用性を確認し慎重に選択されています。社会人向けの良質な遠隔高等教育は、批判的思考を発展させるため確固たる基礎教材を必要とします。

 

よい教育とは、“何を”考えるかではなく、“どう”考えるかを教授すべきです。 さらに詳しい情報は...

 

書籍とオンライン資料


Bircham International Universityは、オンライン学習と書籍の有効性について徹底的に研究しています。私たちの結論は以下の通りです。

1.副教材
オンライン学習教材は、通常40時間未満の短期コースやセミナーでは、その有効性が証明されています。オンライン学習教材にはインタラクティブなグラフや図式、知識ツリーがあり、学習意欲を高めることができ教育に適しています。しかし、豊富なコンテンツ素材を有する教材としては効率的ではありません。

2.疲労
コンピュータ画面での読解は、1時間連続して集中すると頭と目を疲弊させます。本の読書では、3時間連続で集中作業をしてはじめて同じ疲労感に到達します。

3.多用途性
オンラインでの学習時間は、コンピュータやインターネットアクセスの有無によって制限されます。紙の書籍はより万能です。帰宅する電車の中で、もしくは公園のベンチに座って読書をすることができますし、誰かを待っている時間も本を読むことができます。学習時間において、自身を取り巻く環境は心の受容性に大きな役割を果たします。

4.研究
特定の表現や単語検索を除いて、コンピュー画面よりも書籍のページの方が概念の探究をより素早く行うことができます(600ページの書籍に相当する内容について)。社会人向け遠隔高等教育の有効性を追求すると、具体的なデータ検索よりもコンセプトの理解やその相互関係を把握することが重要です。

5.快適さ
集中的にコンピュータを使用しているにも関わらず、私たちにとって本を読む方が快適です。書籍はその中にメモを取ることもできますし、文章をマークし、異なるセクションにざっと目を通すことも可能です。手頃で持ち運びが可能、さらにどこでもどんな状況でも読書を楽しむことができます。

実用的かつ効率的な学習に、高いテクノロジーや豪華な環境は必要ありません。学習は努力の結果であり、他の誰もあなたの代わりにはなれない唯一のプロセスです。学ぶには自分自身でやり遂げるしかないのです。そのためにはよい書籍とよい指導、そしてもちろんあなたの努力と知的プロセス以外に、多くは必要ありません。

考えることは自由です。思考を怠ると後に犠牲を払うことになるかもしれません。

 

 

BIU事務局 - 連絡先 ...
ご質問・ご相談など、お気軽にご連絡ください。

 

お客様の声

卒業写真

教師のリストを見る

BIUオフィス